FC2ブログ

記事一覧

2017年 6月 8日分

①Completion Dissection or Observation for Sentinel-Node Metastasis in Melanoma
 悪性黒色腫におけるセンチネルリンパ節転移に対する完全郭清と経過観察との比較

②Early, Goal-Directed Therapy for Septic Shock — A Patient-Level Meta-Analysis
 敗血症性ショックに対する早期目標指向型治療 ― 患者レベルのメタ解析

③Time to Treatment and Mortality during Mandated Emergency Care for Sepsis
 敗血症救急診療プロトコール義務化後の期間における治療までの時間と死亡率

④Lithium Use in Pregnancy and the Risk of Cardiac Malformations
 妊娠中のリチウム使用と心奇形リスク


以下、単語。

①,Completion Dissection,完全郭清
①,Observation,経過観察
①,Sentinel-Node Metastasis,センチネルリンパ節転移
①,Sentinel-lymph-node biopsy,センチネルリンパ節生検
①,melanoma-specific survival,悪性黒色腫特異的生存
①,patients with node-positive intermediate-thickness melanomas (1.2 to 3.5 mm),厚さが中等度(1.2~3.5 mm)の悪性黒色腫を有し,リンパ節転移を認める患者
①,completion lymph-node dissection,完全リンパ節郭清
①,patients with sentinel-node metastases,センチネルリンパ節転移陽性患者
①,international trial,国際共同試験
①,pathological assessment,病理学的検討
①,multimarker molecular assay,複数マーカーを用いた分子学的検討
①,ultrasonography,超音波検査
①,cumulative rate of nonsentinel-node metastasis,センチネルリンパ節以外のリンパ節転移の累積発生率
①,rate of disease control in the regional nodes,所属リンパ節の病勢コントロール率
①,"strong, independent prognostic factor for recurrence",再発の独立した強力な予後因子
①,Immediate completion lymph-node dissection,完全リンパ節郭清を即時に行うこと
①,Lymphedema,リンパ浮腫
①,prognostic information,予後情報
,,
②,Patient-Level Meta-Analysis,患者レベルのメタ解析
②,Septic Shock,敗血症性ショック
②,a single-center trial,1 件の単一施設試験
②,statistical power,統計学的検出力
②,heterogeneity of treatment effect,治療効果の不均一性
②,entry criteria,組入れ基準
②,intervention protocols,介入プロトコール
②,resource-use measures,資源利用の指標
②,1-year survival,1 年生存率
②,organ support,臓器補助
②,hospitalization costs,入院費用
②,treatment-by-subgroup interactions,治療とサブグループ間の交互作用
②,patient characteristics,患者背景
②,care-delivery characteristics,治療実施状況
②,usual care,通常治療
②,mean (±SD) use of intensive care,平均(±SD)の集中治療室在室期間
②,cardiovascular support,心血管系補助薬使用
②,Subgroup analyses,サブグループ解析
②,serum lactate level,血清乳酸値
②,hyperlactatemia,高乳酸血症
②,predicted risk of death,予測死亡リスク
②,vasopressors,昇圧薬
②,fluids,輸液
②,during usual resuscitation,通常の蘇生時に
②,hospital characteristics,病院特性
②,National Institute of General Medical Sciences,米国国立総合医科学研究所
,,
③,Time to Treatment,治療までの時間
③,Emergency Care for Sepsis,敗血症救急診療プロトコール
③,early identification,早期同定
③,New York State Department of Health,ニューヨーク州保健局
③,sepsis protocol,敗血症プロトコール
③,blood cultures,血液培養
③,broad-spectrum antibiotic agents,広域抗菌薬投与
③,lactate measurement,乳酸測定
③,Multilevel models,マルチレベルモデル
③,risk-adjusted mortality,リスク補正後の死亡率
③,administration of antibiotics,抗菌薬投与
③,initial bolus of intravenous fluid,静脈内輸液の初回ボーラス投与
③,intravenous fluid,静脈内輸液
③,risk-adjusted in-hospital mortality,リスク補正後の院内死亡率
,,
④,Lithium,リチウム
④,Risk of Cardiac Malformations,心奇形リスク
④,Cardiac Malformations,心奇形
④,early in pregnancy,妊娠初期
④,Ebstein’s anomaly,エプスタイン奇形
④,right ventricular outflow tract obstruction defect,右室流出路狭窄
④,overall congenital cardiac defects,先天性心疾患全般
④,data are conflicting and limited,データは一致しておらず,限られている
④,women who were enrolled in Medicaid and who delivered a live-born infant between 2000 and 2010,メディケイドに加入しており,2000~10 年に生児を出産した女性
④,during the first trimester,妊娠第 1 期に
④,unexposed infants,曝露していない児
④,"in secondary analyses, ",二次解析では,
④,mood stabilizer,気分安定薬
④,lamotrigine,ラモトリギン
④,adjusted risk ratio,補正リスク比
④,Risk ratios,リスク比
④,95% confidence intervals,95%信頼区間
④,other potential confounders,その他の可能性のある交絡因子
④,potential confounders,可能性のある交絡因子
④,nonexposed infants,非曝露児
④,prevalence of right ventricular outflow tract obstruction defects,右室流出路狭窄の有病率
④,Maternal use of lithium,母親のリチウム使用
④,magnitude of this effect,影響の大きさ
④,was smaller than had been previously postulated,これまで仮定されてきたよりも小さかった
④,National Institute of Mental Health,米国国立精神衛生研究所

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント