FC2ブログ

記事一覧

パソコンを買い替えた。

かなり前からパソコンの調子が悪かったのだが、年末になり一層ひどくなった。
Firefoxは起動しなくなるし、全体的に動作が激重になってきた。
Windows7からアップグレードを重ねてWindows10で使用していたがもう限界。
購入して5年くらい経っているから、もう十分に買い替え対象だ。

出費は痛いが買い替えることを決めた。
今回購入したパソコンは以下の通り。

~~~~~~~~~~~~~~~~~
Lenovo ideapad 320
 液晶サイズ:15.6インチ
 CPU:Core i7 7500U(Kaby Lake)/2.7GHz/2コア
 ストレージ容量:HDD:1TB/SSD:128GB
 メモリ容量:8GB
 OS:Windows 10 Home 64bit
~~~~~~~~~~~~~~~~~

これまでデスクトップ、ノート含めて、富士通、ソニー、Lenovo、ASUSなどを購入してきた。
直近の我が家のパソコンラインナップはASUSが3台+αだった。すべてノートPC。
まずはASUSで探したが、ぴったりするスペックがなかった。
いろいろと探して、条件にあったのが今回購入したLenovoのパソコン。

主要国産メーカーのパソコンは不必要に高価だ。
不要なプレインストールも満載。買う理由が見つからない。
ただし、iiyama とかマウスコンピュータは別。
もう少し、時間に余裕があればマウスコンピュータにしていたかもしれない。

はじめてのCore i7 + SSDの感想は快適の一言。
いざ使ってみると、SSDは必須だと感じてしまう。
できれば128GBではなく256GBの方がよかったのだが、すぐに買える商品が無かったので仕方ない。

翻訳専業になったらパソコンは辞書と並ぶ商売道具になる。
『辞書はお金で買える実力』というが、『パソコンのスペックはお金で買える効率』だと思う。

マクロを使うことで数秒×回数の時間が節約できるという話をされる方がいる。
それと同様、パソコンの処理待ち時間を減らすことも重要な効率化だ。

これまで起動に時間がかかっていたステッドマン医学大辞典も起動が早い。
ぐずぐずしていた辞書環境整備も、このパソコンで冬休み中になんとかするつもり。

翻訳とは異なるが、写真のrawファイルも快適に扱えそうで、それも買い替えた一つの理由。
ちなみに私は Pentaxian です。

冬休み前に購入して本当によかった。




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント