FC2ブログ

記事一覧

品質向上の話

この週末に「新 翻訳力を鍛える本 (もっと稼げる産業翻訳者になる!)」を読み返した。

この本については翻訳祭の記事でも述べたが、参考になることが多く、これからも繰り返し読んで自分の翻訳に取り込んでいくつもりだ。

今回注目したのは「品質」。特に齊藤貴昭さんの記事。

この方の品質向上策の話は、企業で品質向上に少しでも携わったことがある人ならば納得できるものだろう。IT業界でも同じである。システム構築においても品質を織り込んでいくようなプロジェクトの進め方が必須なのだ。

人に過度に依存するような開発をしてはいけない。品質に問題があった時、「今度からもっと注意してレビューします」なんて精神論を言う会社ほど品質が悪い。企業間の場合、それを改善策とは言わないし、納得する人もいない。

「複数の目でチェックするために2人体制でレビューします」なんていう改善策はよくある話。2人体制でやってもレビュー漏れが発生した際に、対策として「3人体制でチェックします」という改善策を策定したプロジェクトもあった。次に何かあれば4人なのか。。。

選ばれる翻訳者(フリーランス)になるには、企業で実施している品質向上プロセスに準じた手順を、個人なりに取り入れていく必要がある。そういう当たり前な部分が重要なのだろうね。

齊藤さんの記事などを参考にして自分なりに作業をカスタマイズしていこう。





スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント