FC2ブログ

記事一覧

2019年 3月28日分

①A Trial of a Shorter Regimen for Rifampin-Resistant Tuberculosis
 リファンピン耐性結核に対するより短期のレジメンの試験

②Volatile Anesthetics versus Total Intravenous Anesthesia for Cardiac Surgery
 心臓手術における揮発性麻酔薬と全静脈麻酔との比較

③Overall Survival with Fulvestrant plus Anastrozole in Metastatic Breast Cancer
 転移性乳癌におけるフルベストラントとアナストロゾールの併用による全生存

④Darolutamide in Nonmetastatic, Castration-Resistant Prostate Cancer
 非転移性去勢抵抗性前立腺癌に対するダロルタミド

⑤Changes in Practice among Physicians with Malpractice Claims
 医療過誤の損害賠償請求を受けた医師における診療の変化


以下、単語。


①,Rifampin-Resistant Tuberculosis,リファンピン耐性結核
①,cure rates,治癒率
①,promising cure rates,期待できる治癒率
①,multidrug-resistant tuberculosis,多剤耐性結核
①,existing drugs,既存薬
①,phase 3 noninferiority trial,第 3 相非劣性試験
①,fluoroquinolones,フルオロキノロン系
①,aminoglycosides,アミノグリコシド系
①,moxifloxacin,モキシフロキサシン
①,favorable status,良好な状態
①,Mycobacterium tuberculosis,結核菌
①,between-group difference,群間差
①,QT interval,QT 間隔
①,corrected QT interval,補正 QT 間隔
①,Fridericia’s formula,Fridericia 式
,,
②,Volatile Anesthetics,揮発性麻酔
②,Total Intravenous Anesthesia,全静脈麻酔
②,Cardiac Surgery,心臓手術
②,Volatile (inhaled) anesthetic agents,揮発性(吸入)麻酔薬
②,cardioprotective effects,心保護作用
②,intraoperative anesthetic regimen,術中麻酔レジメン
②,desflurane,デスフルラン
②,isoflurane,イソフルラン
②,sevoflurane,セボフルラン
②,On-pump CABG,オンポンプ CABG
②,mean duration of cardiopulmonary bypass,人工心肺時間の平均
②,demographic and clinical characteristics,人口統計学的特性・臨床的特性
②,duration of cardiopulmonary bypass,人工心肺時間
②,number of grafts,グラフト数
②,data and safety monitoring board,データ安全性モニタリング委員会
,,
③,Overall Survival,全生存
③,Fulvestrant,フルベストラント
③,Anastrozole,アナストロゾール
③,Fulvestrant plus Anastrozole,フルベストラントとアナストロゾールの併用
③,Metastatic Breast Cancer,転移性乳癌
③,aromatase inhibitor,アロマターゼ阻害薬
③,anastrozole,アナストロゾール
③,selective estrogen-receptor down-regulator,選択的エストロゲン受容体ダウンレギュレーター
③,fulvestrant,フルベストラント
③,We now report final survival outcomes.,今回は最終の生存転帰を報告する.
③,two-sided stratified log-rank tests,両側層別化 log-rank 検定
③,Cox regression,Cox 回帰
③,combination-therapy group,併用療法群
③,adjuvant endocrine therapy,術後補助内分泌療法
,,
④,Darolutamide,ダロルタミド
④,"Nonmetastatic, Castration-Resistant Prostate Cancer",非転移性去勢抵抗性前立腺癌
④,structurally unique androgen-receptor antagonist,特有の構造をもつアンドロゲン受容体拮抗薬
④,prostate-specific antigen doubling time,前立腺特異抗原(PSA)倍加時間
④,androgen-deprivation therapy,アンドロゲン除去療法
④,metastasis-free survival,無転移生存期間
④,radiographic imaging,放射線画像
④,median metastasis-free survival,無転移生存期間の中央値
④,time to pain progression,疼痛増悪までの期間
④,time to cytotoxic chemotherapy,細胞毒性化学療法開始までの期間
④,time to a symptomatic skeletal event,症候性骨関連イベントが発生するまでの期間
④,seizures,痙攣発作
④,falls,転倒
④,fractures,骨折
④,cognitive disorder,認知障害
④,hypertension,高血圧
,,
⑤,Physicians with Malpractice Claims,医療過誤の損害賠償請求を受けた医師
⑤,the National Practitioner Data Bank,全米医師データバンク
⑤,Medicare Data on Provider Practice and Specialty,医療提供者の診療と専門領域に関するメディケアデータ
⑤,national cohort,全米コホート
⑤,exits from medical practice,診療の停止
⑤,changes in clinical volume,臨床診療回数の変化
⑤,geographic relocation,地理的な移動
⑤,change in practice-group size,診療グループの規模の変化





スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント