FC2ブログ

記事一覧

2017年10月12日分

①Romosozumab or Alendronate for Fracture Prevention in Women with Osteoporosis
 骨粗鬆症女性における骨折予防のためのロモソズマブとアレンドロン酸との比較

■Romosozumab
 タイトルではロモソズマブ。
 その後のBackgroundでロモソズマブ(romosozumab)。

■Alendronate
 今回の訳は、アレンドロン酸。
 2014/1/30のアブストラクトの訳は「アレンドロネート」だった。

■romosozumab-to-alendronate group
 ロモソズマブ→アレンドロン酸群
 "→"を使うのか。。。

■were balanced between the two groups
 ~に群間で偏りはなかった.

---
②Ebola RNA Persistence in Semen of Ebola Virus Disease Survivors — Final Report
 エボラウイルス病生存者の精液中におけるエボラウイルス RNA の残存 ― 最終報告

■declining persistence with increasing time
 →時間経過とともに残存率が低下する
  なんか、かっこいい表現。

---
③Phase 2 Placebo-Controlled Trial of Two Vaccines to Prevent Ebola in Liberia
 リベリアにおける 2 種類のエボラ予防ワクチンの第 2 相プラセボ対照試験

④Glecaprevir and Pibrentasvir in Patients with HCV and Severe Renal Impairment
 C 型肝炎ウイルス感染と重度腎機能障害を有する患者に対するグレカプレビルとピブレンタスビル
---


以下、単語。


①,Romosozumab,ロモソズマブ
①,Alendronate,アレンドロン酸
①,Fracture Prevention,骨折予防
①,Women with Osteoporosis,骨粗鬆症女性
①,increases bone formation,骨形成を促進する
①,decreases bone resorption,骨吸収を抑制する
①,postmenopausal women with osteoporosis and a fragility fracture,脆弱性骨折を起こしたことのある閉経後骨粗鬆症女性
①,fragility fracture,脆弱性骨折
①,in a blinded fashion,盲検下で
①,", followed by open-label alendronate in both groups",その後は非盲検下で両群にアレンドロン酸を投与した
①,new vertebral fracture,新規椎骨骨折
①,vertebral fracture,椎骨骨折
①,cumulative incidence,累積発生率
①,clinical fracture,臨床的骨折
①,nonvertebral and symptomatic vertebral fracture,非椎体骨折と症候性椎体骨折
①,nonvertebral fracture,非椎体骨折
①,symptomatic vertebral fracture,症候性椎体骨折
①,hip fracture,大腿骨近位部骨折
①,at the time of the primary analysis,主要解析の時点での
①,Serious cardiovascular adverse events,重篤な心血管有害事象
①,cardiovascular adverse events,心血管有害事象
①,osteonecrosis of the jaw,顎骨壊死
①,atypical femoral fractures,非定型大腿骨骨折
①,~ were adjudicated,~ の判定を行った.
①,"Over a period of 24 months,",24 ヵ月の期間中,
①,romosozumab-to-alendronate group,ロモソズマブ→アレンドロン酸群
①,alendronate-to-alendronate group,アレンドロン酸→アレンドロン酸群
①,", representing a 27% lower risk with romosozumab",,ロモソズマブ投与例ではリスクが 27%低いことが示された
①,Overall adverse events,全有害事象
①,Overall adverse events and serious adverse events were balanced between the two groups. ,全有害事象,および重篤な有害事象に群間で偏りはなかった.
①,adjudicated events of osteonecrosis of the jaw,顎骨壊死と判定されたイベント
①,at high risk for fracture,骨折リスクの高い
,,
②,Ebola RNA Persistence,エボラウイルス RNA の残存
②,Semen,精液
②,Final Report,最終報告
②,Ebola Virus Disease Survivors,エボラウイルス病生存者
②,Ebola virus disease,エボラウイルス病
②,presence of Ebola virus RNA in semen,精液中のエボラウイルス RNA の存在
②,convenience sample,便宜的標本
②,at various times,さまざまな時点で
②,adult male survivors of EVD,EVD 生存者の成人男性
②,Semen specimens obtained at baseline,ベースラインで採取した精液検体
②,Semen specimens,精液検体
②,specimens,検体
②,had positive results on quantitative RT-PCR,が定量的 RT-PCR 陽性であった
②,quantitative RT-PCR,定量的 RT-PCR
②,after ETU discharge,ETU 退院後
②,"(100 participants were in phase 1, and 120 in phase 2)",(第 1 期 100 例,第 2 期 120 例)
②,quantitative reverse-transcriptase?polymerase-chain-reaction,定量的逆転写酵素ポリメラーゼ連鎖反応
②,target sequences,標的配列
②,with the use of the target sequences of NP and VP40 (in phase 1) or NP and GP (in phase 2),NP と VP40(第 1 期)または NP と GP(第 2 期)を標的配列として
②,risk of sexual transmission,性行為感染リスク
②,semen specimen,精液検体
②,Ebola treatment unit,エボラ治療施設
②,baseline cycle-threshold values,ベースラインの複製サイクル閾値
②,cycle-threshold values,複製サイクル閾値
②,(higher values indicate lower RNA values),(値が高いほど RNA 量が少ないことを示す)
②,a total of 11 participants had positive results for NP and GP targets,標的とした NP と GP が陽性であったのは 11 例
②,declining persistence with increasing time after ETU discharge. ,ETU 退院後の時間経過とともに残存率が低下する
,,
③,Phase 2 Placebo-Controlled Trial,第 2 相プラセボ対照試験
③,Vaccines to Prevent Ebola,エボラ予防ワクチン
③,when the incidence of EVD was peaking,エボラウイルス病(EVD)の発生率がピークに達していた時期における
③,chimpanzee adenovirus 3 vaccine,チンパンジーアデノウイルス 3 型ワクチン
③,recombinant vesicular stomatitis virus vaccine,組換え水疱性口内炎ウイルスワクチン
③,A phase 2 subtrial was embedded to evaluate safety and immunogenicity. ,安全性と免疫原性を評価するため,第 2 相サブトライアルを組み込んだ.
③,immunogenicity,免疫原性
③,the phase 3 component was eliminated,第 3 相試験を省略した.
③,muscle pain,筋肉痛
③,feverishness,熱感
③,rVSV?G-ZEBOV-GP group,rVSVΔG-ZEBOV-GP 群
③,showed the capability of conducting rigorous research during an outbreak,集団発生中でも厳格な試験の実施が可能であることが示された.
③,the vaccines had elicited immune responses that were largely maintained through 12 months. ,ワクチン接種により,大部分で接種後 12 ヵ月まで持続する免疫反応が誘導された.
③,National Institutes of Allergy and Infectious Diseases,米国国立アレルギー感染症研究所
③,Liberian Ministry of Health,リベリア保健省
,,
④,Glecaprevir,グレカプレビル
④,Pibrentasvir,ピブレンタスビル
④,Patients with HCV and Severe Renal Impairment,C 型肝炎ウイルス感染と重度腎機能障害を有する患者
④,Severe Renal Impairment,重度腎機能障害
④,is more prevalent,有病率が高い
④,patients who have chronic kidney disease,慢性腎臓病(CKD)を有する患者
④,Patients with chronic kidney disease who also have HCV infection,CKD を有する患者で,HCV 感染も有する例
④,risk for progression to end-stage renal disease,末期腎不全に進行するリスク
④,advanced chronic kidney disease,進行した CKD
④,have limited treatment options,治療選択肢が限られる
④,NS3/4A protease inhibitor,NS3/4A プロテアーゼ阻害薬
④,NS5A inhibitor,NS5A 阻害薬
④,"HCV genotype 1, 2, 3, 4, 5, or 6 infection",HCV 遺伝型 1 型,2 型,3 型,4 型,5 型,または 6 型感染
④,compensated liver disease,代償性肝疾患
④,(with or without cirrhosis),(肝硬変の有無は問わない)
④,dependence on dialysis,透析依存
④,"previous treatment with interferon or pegylated interferon, ribavirin, sofosbuvir, or a combination of these medications",インターフェロンまたはペグインターフェロン,リバビリン,ソホスブビル,あるいはこれらの併用による治療歴
④,genotype 1 infection,遺伝型 1 型感染
④,No patients had virologic failure during treatment,治療中にウイルス学的失敗をきたした患者はいなかった.
④,no patients had a virologic relapse after the end of treatment,治療終了後にウイルス学的再発をきたした患者はいなかった.
④,three of these patients had a sustained virologic response,そのうち 3 例では SVR が得られていた.
④,Four patients discontinued the trial treatment prematurely because of adverse event,4 例は有害事象のため早期に試験治療を中止した
④,stage 4 or 5 chronic kidney disease,ステージ 4 または 5 の CKD
④,patients with stage 4 or 5 chronic kidney disease and HCV infection,ステージ 4 または 5 の CKD と HCV 感染を有する患者




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント