FC2ブログ

記事一覧

participants、patients の訳は参加者、患者、例、人?

2019.1.3の3番目のアブストラクト。

おやっと思ったのは以下の文。

A total of 25,871 participants, including 5106 black participants, underwent randomization.
⇒ 黒人 5,106 を含む計 25,871 の参加者が無作為化された.

「participants」 の訳が "人" になっている。

私が記憶する限り初めてではないかな。

過去を振り返ってみると、これまでの訳は以下の通り。

参加者、例、患者の 3種類。

症状ではなく人間を指す言葉であることから "例" という表現はしない流れに沿っているのか?


それでは、「patients」 はどうだろうか?

ほぼ、患者、例という訳。

"XX patients" (XX は数字) の訳は、以下のように "例" を使っている。

[20170803_③]
A total of 24 of 25 patients had perfusion of allografts after transplantation.
⇒ 25 中 24 で,移植後に同種移植腎の灌流を認めた.


患者という訳を入れてもやはり数字の後は "例" である。

[20170824_②]
Of the patients who underwent randomization, 6509 (85.2%) had established cardiovascular disease, chronic kidney disease, or both.
⇒ 無作為化された患者のうち,6,509 (85.2%)で心血管疾患,慢性腎臓病,あるいはその両方が確認された.


"XX patients" (XX は数字) の訳が、"XX 人"、"XX 名" という日は来るのか?




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント