FC2ブログ

記事一覧

集学的治療とは

集学的治療について調べてみた。


ブリタニカ国際大百科事典

現在,行なわれている外科療法,放射線療法,化学療法,免疫療法,ホルモン療法などの癌の治療法を効果的に組み合わせることにより,治療成績を向上させようとするもの。たとえば,食道癌では,手術前に放射線療法を行ない,手術により主病巣を切除した後,化学療法や免疫療法を続けることで癌再発を予防するといった治療システムがとられている。


公益財団法人 がん集学的治療研究財団

「がん」の治療には、外科療法(手術)、化学療法(抗がん剤)、放射線療法、免疫療法等、様々な治療がありますが、いずれか1つをもってがんを十分に治療することは難しいとされております。そこで、これらの治療法を組み合わせて行うことで、より高い治療効果を得る努力がなされています。このように、二つ以上の治療方法を組み合せて行う治療を「集学的治療」と呼んでいます。


国立がん研究センター がん情報サービス

がんの治療法としては、主に、手術治療、放射線治療、薬物療法などがありますが、これらを単独で行うのではなく、がんの種類や進行度に応じて、さまざまな治療法を組み合わせた治療を行う場合があります。これを集学的治療といいます。


認定NPO法人いたみ医学研究情報センター

集学的な治療とは、医療分野において、それぞれ異なる専門領域の医師、看護師、臨床心理士、理学療法士、作業療法士、ソーシャルワーカーなどがチームとして症例検討会を行い、または他科と連絡を取り合い(リエゾンカンファレンス)、患者の治療方針・計画を立案する取り組みのことです。






スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント