FC2ブログ

記事一覧

翻訳の「受注が増えそうな分野」、「受注が増えた分野」は?

今週の土曜日(9/29)に 「メディカル翻訳・通訳 完全ガイドブック」 が発売される。

過去5回分を購入しており、今回も予約済み。

このガイドブックの見どころは色々ある。

まずは翻訳会社へのアンケート結果。

今回の記事は 「受注が増えそうな分野」 の変遷についての話。


過去5冊分に書かれていた 「受注が増えそうな分野」 は以下の通り。

2015年
1. 医学・薬学
2. 広告・マーケティング
3. 医療機器
4. 法律・契約
5. Webコンテンツ

2014年
1. 法律・契約
2. エネルギー・原子力
3. 医学・薬学
3. Webコンテンツ
5. 医療機器
5. 機械

2011年
1. 医学・薬学
2. 法律・契約
3. 環境
4. Webコンテンツ
5. エネルギー・原子力

2009年
1. 医学・薬学
2. 環境
3. 金融・証券
3. 法律・契約
5. 特許
6. コンピュータ (ソフト)
6. バイオテクノロジー

2005年
1. コンピュータ
2. 医学・薬学
3. 情報サービス全般
4. 金融・証券
5. 通信機器


それでは実際に 「受注が増えた分野」 はどこなのか?

これが書いてあるのは 2015年と2005年の2つのみ。

2015年の 「受注が増えた分野」 は以下の通り 「法律・契約」 がトップ。2014年で予測した通りになった。 「エネルギー・原子力」 は受注が伸びなかったか。

1. 法律・契約
2. 医学・薬学
3. 広告・マーケティング
4. コンピュータ (ソフト)
4. Webコンテンツ


ちなみに2005年の 「受注が増えた分野」 は以下の通り 「コンピュータ」 の受注がトップ。時代を感じさせるなぁ。

1. コンピュータ
2. 電気・電子
3. 情報サービス全般
4. 医学・薬学
5. 金融・証券



さて、今回のアンケート結果はどうなるであろうか。

2015年の予想通り 「医学・薬学」 がトップになっているか?

そもそも特集記事があるのか?

みんな立ち読みではなく、買って確認しよう。

何度も読み返すと、思っている以上に気付きが得られる本である。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント