FC2ブログ

記事一覧

2017年 5月11日分

①Instantaneous Wave-free Ratio versus Fractional Flow Reserve to Guide PCI
 PCI のガイドに用いる瞬時血流予備量比と冠血流予備量比との比較

②Use of the Instantaneous Wave-free Ratio or Fractional Flow Reserve in PCI
 PCI における瞬時血流予備量比と冠血流予備量比との比較

③Cancer-Associated Mutations in Endometriosis without Cancer
 癌を伴わない子宮内膜症における癌関連遺伝子変異

④Use of the National Heart, Lung, and Blood Institute Data Repository
 米国国立心臓・肺・血液研究所のデータリポジトリの利用状況


以下、単語。

① Instantaneous Wave-free Ratio 瞬時血流予備量比
① Fractional Flow Reserve 冠血流予備量比
① ~ to Guide PCI PCI のガイドに用いる
① coronary-artery stenosis 冠動脈狭窄
① severity of coronary-artery stenosis 冠動脈狭窄の重症度
① have similar diagnostic accuracy 診断精度は同程度である
① studies of clinical outcomes 臨床転帰を検討した試験
① rate of subsequent major adverse cardiac events その後の主要有害心イベントの発生率
① Swedish Coronary Angiography and Angioplasty Registry スウェーデン冠動脈造影・形成登録(SCAAR)
① indication for physiologically guided assessment of coronary-artery stenosis 生理学的指標に基づく冠動脈狭窄の評価の適応
① physiologically guided assessment of coronary-artery stenosis 生理学的指標に基づく冠動脈狭窄の評価
① after the procedure 手技後
① unplanned revascularization 予定外の血行再建
① rate of a composite of の複合発生率
① upper limit of the 95% confidence interval for the difference in event rates イベント発生率の差の 95%信頼区間の上限
① upper limit of the 95% confidence interval for the difference 差の 95%信頼区間の上限
① The results were similar among major subgroups. 主なサブグループ間で結果は同様であった.
① target-lesion revascularization 標的病変血行再建
① restenosis 再狭窄
① stent thrombosis ステント血栓症
① chest discomfort 胸部不快感
① report chest discomfort during the procedure 手技中に胸部不快感を訴える
① during the procedure 手技中に
① stable angina 安定狭心症
① acute coronary syndrome 急性冠症候群
① iFR-guided revascularization strategy iFR をガイドにする血行再建
① FFR-guided revascularization strategy FFR をガイドにする血行再建
① rate of major adverse cardiac events at 12 months 12 ヵ月の時点での主要有害心イベントの発生率

② Coronary revascularization guided by fractional flow reserve (FFR) 冠血流予備量比(FFR)をガイドにする冠血行再建
② is associated with better patient outcomes after the procedure 手技後の患者転帰が良好であることに関連する
② patient outcomes 患者転帰
② angiography 血管造影所見
② alternative measure 代替指標
② adenosine アデノシン
② 1-year risk of major adverse cardiac events 主要有害心イベントの 1 年リスク
② death from cardiovascular or noncardiovascular causes 心血管系の原因・心血管系以外の原因による死亡
② adverse procedural symptoms and clinical signs 手技に関連する有害な症状・徴候
② the median procedural time 手技時間の中央値
② rate of adverse procedural signs and symptoms 手技に関連する有害な徴候・症状の発現率

③ Cancer-Associated Mutations 癌関連遺伝子変異
③ Endometriosis 子宮内膜症
③ , defined as the presence of ectopic endometrial stroma and epithelium, 子宮内膜の間質細胞と上皮細胞が異所性に存在することと定義され,
③ endometrial stroma 子宮内膜の間質細胞
③ epithelium 上皮細胞
③ reproductive-age women 生殖年齢の女性
③ pelvic pain 骨盤痛
③ infertility 不妊
③ Endometriotic lesions 子宮内膜症病変
③ benign inflammatory lesions 良性の炎症性病変
③ have cancerlike features 癌と類似の特徴をもつ
③ local invasion 局所浸潤
③ resistance to apoptosis アポトーシス耐性
③ deeply infiltrating endometriotic lesions 高度に浸潤した子宮内膜症病変
③ exomewide sequencing 全エクソーム解析
③ cancer-driver targeted sequencing 癌ドライバー標的解析
③ Epithelial and stromal components of lesions 上皮細胞,間質細胞
③ Mutations were validated with the use of digital genomic methods in microdissected epithelium and stroma. 上皮細胞,間質細胞をマイクロダイセクションし,デジタルゲノム法を用いて変異の妥当性を確認した.
③ digital genomic methods デジタルゲノム法
③ epithelium 上皮細胞
③ stroma 間質細胞
③ an additional 12 patients 別の 12 例
③ droplet digital polymerase-chain-reaction (PCR) assay ドロップレットデジタルポリメラーゼ連鎖反応法(PCR)
③ recurrent activating KRAS mutations 高頻度の活性化 KRAS 変異
③ Five patients harbored known cancer driver mutations in ARID1A, 5 例が,ARID1A,PIK3CA,KRAS,PPP2R1A に既知の癌ドライバー変異を有していた.
③ harbor 有する
③ cancer driver mutations 癌ドライバー変異
③ Safe-Sequencing System セーフシークエンシングシステム
③ immunohistochemical analysis 免疫組織化学的解析
③ The likelihood of driver genes being affected at this rate in the absence of selection was estimated at P=0.001 (binomial test). 患者選択を行っていない状況で,この割合でドライバー遺伝子が変異している確率は P=0.001 と推定された(二項検定).
③ in the absence of selection 患者選択を行っていない状況で,
③ binomial test 二項検定
③ Targeted sequencing 標的解析
③ droplet digital PCR assay ドロップレットデジタル PCR
③ in three distinct lesions. 3 つの異なる病変で
③ risk of malignant transformation 悪性転化のリスク
③ malignant transformation 悪性転化
③ deep infiltrating lesions 高度浸潤病変
③ all the tested somatic mutations appeared to be confined to the epithelial compartment of endometriotic lesions. 検証した体細胞変異のすべてが子宮内膜症病変の上皮細胞部に限定されていると考えられた.
③ be confined to 限定されている

④ National Heart, Lung, and Blood Institute Data Repository 米国国立心臓・肺・血液研究所のデータリポジトリ
④ Data Repository データリポジトリ
④ publication of articles 論文の発表
④ associated publication of articles 関連する論文の発表
④ clinical trial data 臨床試験データ
④ administrative records of investigator requests for data access 研究者からのデータアクセス要求の記録
④ linked publications リンクされている文献
④ bibliometrics 計量書誌学
④ investigators 研究者
④ post hoc secondary analysis of new questions 新たな疑問の事後二次解析
④ analytic or statistical approaches to clinical trials 複数の臨床試験に対する解析手法または統計手法
④ trial data 試験データ
④ meta-analyses or pooled study research メタ解析または統合試験調査
④ reanalysis 再解析
④ Citation metrics from 224 articles 論文 224 本の被引用回数を計量したところ,
④ normalized for subject category and year of publication 引用先分類と発表年で正規化すると,
④ cumulative citations 累積引用回数
④ secondary analysis 二次解析
④ Requesting data for the a priori purpose of reanalysis or verification of original findings was rare. もとの結果の再解析または検証を事前目的とするデータ要求はまれであった.
④ a priori purpose 事前目的



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント