FC2ブログ

記事一覧

2017年 5月 4日分

①Evolocumab and Clinical Outcomes in Patients with Cardiovascular Disease
心血管疾患患者におけるエボロクマブと臨床転帰

・「from a median baseline value of "A" to "B"」→「ベースラインの中央値"A" から"B"に」

ボーっとしていると「ベースラインの中央値"A" から"B"に」としてしまいそう。

・「Relative to placebo,」→「プラセボ群と比較して,」

「Relative to」という表現は初めて見た。英訳する場合、何も考えずに「compared with」を使うと思うが、表現の幅を広げるために覚えておこう。


②Tofacitinib as Induction and Maintenance Therapy for Ulcerative Colitis
潰瘍性大腸炎の寛解導入・維持療法としてのトファシチニブ

・「remission」は文脈によって、寛解、寛解率と表現を変える。


③Bystander Efforts and 1-Year Outcomes in Out-of-Hospital Cardiac Arrest
院外心停止に対する居合わせた人による蘇生努力と 1 年後の転帰

・「defibrillation」を電気ショックと訳している。


④Teprotumumab for Thyroid-Associated Ophthalmopathy
甲状腺眼症に対するテプロツムマブ

・「glucocorticoids」はステロイドと訳している。
・「Graves’ disease」は、初回はグレーブス病(バセドウ病)。以降、バセドウ病。


以下、単語。

① monoclonal antibody モノクローナル抗体
① proprotein convertase subtilisin–kexin type 9 (PCSK9) 前駆蛋白転換酵素サブチリシン/ケキシン 9 型(PCSK9)
① low-density lipoprotein (LDL) cholesterol levels 低比重リポ蛋白(LDL)コレステロール値
① cardiovascular events 心血管イベント
① atherosclerotic cardiovascular disease 動脈硬化性心血管疾患
① LDL cholesterol levels LDL コレステロール値
① matching placebo マッチさせたプラセボ
① subcutaneous injections 皮下注射
① cardiovascular death 心血管死亡
① myocardial infarction 心筋梗塞
① stroke 脳卒中
① hospitalization for unstable angina 不安定狭心症による入院
① coronary revascularization 冠血行再建
① The key secondary efficacy end point 主な副次的有効性エンドポイント
① least-squares mean percentage 最小二乗平均値
① Relative to placebo, プラセボ群と比較して,
① new-onset diabetes 糖尿病の新規発症
① neurocognitive events 神経認知関連イベント
① These findings show that これらの結果は,~を示している.

② Tofacitinib トファシチニブ
② oral, small-molecule Janus kinase inhibitor 経口小分子ヤヌスキナーゼ阻害薬
② potential efficacy 有効である可能性
② ulcerative colitis 潰瘍性大腸炎
② induction therapy 寛解導入療法
② induction therapy for ulcerative colitis 潰瘍性大腸炎の寛解導入療法
② induction and maintenance therapy 寛解導入・維持療法
② OCTAVE Induction 1 and 2 trials OCTAVE Induction 1 試験と OCTAVE Induction 2 試験
② adults with ulcerative colitis 潰瘍性大腸炎の成人患者
② conventional therapy 従来療法
② therapy with a tumor necrosis factor antagonist 腫瘍壊死因子阻害薬治療
② moderately to severely active ulcerative colitis 中等症~重症の活動期潰瘍性大腸炎
② remission 寛解
② remission 寛解率
② OCTAVE Sustain trial OCTAVE Sustain 試験
② 593 patients who had a clinical response to induction therapy 寛解導入療法で臨床効果の認められた 593 例
② the rates of overall infection and serious infection 全感染症と重篤な感染症の頻度
② herpes zoster infection 帯状疱疹ウイルス感染

③ Bystander Efforts 居合わせた人による蘇生努力
③ 1-Year Outcomes 1 年後の転帰
③ Out-of-Hospital Cardiac Arrest 院外心停止
③ bystander interventions 居合わせた人による介入
③ long-term functional outcomes 長期機能転帰
③ has not been extensively studied 大規模な調査は行われていない.
③ nationwide data 全国データ
③ functional outcome data 機能的転帰のデータ
③ anoxic brain damage 無酸素性脳障害
③ brain damage 脳障害
③ nursing home admission 介護施設入所
③ 1-year risks 1 年リスク
③ patients who survived to day 30 after ~後 30 日目まで生存した患者
③ bystander cardiopulmonary resuscitation (CPR) or defibrillation 居合わせた人による心肺蘇生(CPR)または電気ショック
③ defibrillation 電気ショック
③ cardiopulmonary resuscitation (CPR) 心肺蘇生(CPR)
③ temporal changes 経時的変化
③ 2084 patients who had cardiac arrests that were not witnessed by emergency medical services (EMS) personnel 救急医療(EMS)隊員に心停止を目撃されなかった 2,084 例
③ emergency medical services (EMS) personnel 救急医療(EMS)隊員
③ In adjusted analyses, 補正後の解析では,
③ In our study, 今回の調査で,
③ bystander resuscitation 居合わせた人による蘇生
③ Danish Heart Foundation デンマーク心臓財団

④ Teprotumumab テプロツムマブ
④ Thyroid-Associated Ophthalmopathy 甲状腺眼症
④ a condition commonly associated with ~によくみられる症状
④ Graves’ disease グレーブス病(バセドウ病)
④ remains inadequately treated いまだに適切な治療がない
④ glucocorticoids ステロイド
④ present safety concerns 安全性に懸念がある
④ insulin-like growth factor I receptor (IGF-IR) インスリン様成長因子 I 受容体(IGF-IR)
④ therapeutic strategy 治療戦略
④ underlying autoimmune pathogenesis of ophthalmopathy 眼症の基礎にある自己免疫学的病因
④ autoimmune pathogenesis 自己免疫学的病因
④ ophthalmopathy 眼症
④ multicenter, double-masked, randomized, placebo-controlled trial 多施設共同二重盲検無作為化プラセボ対照試験
④ human monoclonal antibody inhibitor of IGF-IR IGF-IR を阻害するヒトモノクローナル抗体
④ patients with active, moderate-to-severe ophthalmopathy 中等度~重度の活動期眼症患者
④ the response in the study eye 対象眼における治療効果
④ Clinical Activity Score 臨床的活動性スコア
④ active thyroid-associated ophthalmopathy 活動期甲状腺眼症
④ measured as continuous variables 連続変数として測定した
④ proptosis 眼球突出
④ Graves’ ophthalmopathy–specific quality-of-life questionnaire バセドウ病眼症特異的 QOL 質問票
④ Therapeutic effects were rapid 治療には即効性があった
④ medication for diabetes 糖尿病治療薬
④ Differences between the groups increased at subsequent time points. 群間差は経時的に拡大した.

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント