FC2ブログ

記事一覧

各世代の英語表現と杉田敏さん

時々、ふと知りたくなるので各世代の呼び方をまとめてみた。


1928 - 1945 : Silent Generation
1946 - 1964 : Baby boomers (Boomers)
1965 - 1980 : Generation X (Gen X)
1981 - 1996 : Generation Y (Gen Y) または Millennials
1997 - ____ : Generation Z (Gen Z)



各世代の英語での呼び方は、ITのプレゼン資料でもよく使われる。

特に Gen Y 世代以降をデジタルネイティブと呼び、この世代をターゲットにするという話が多い。

詳細な年については説明する人や記事により多少のずれがあるので、"大体こんな感じ" くらいで考えること。


"Gen X" のような呼び方を知ったのは、杉田敏さんの「やさしいビジネス英語」。

現在は「実践ビジネス英語」という名前に代わっている。

「やさしいビジネス英語っていってるのに、全然やさしくない。」

当時、リスナー同士で交わすお約束の会話だった。

その頃は 1回 20分×6日の放送で、1週間分になると120分。

週末にまとめて放送されるものをカセットテープに両面録音していた。

それが今では 1回 15分で週 3回。

忙しい現代人が英語に割ける時間は短くなったということかな。

聞いたり、休んだりを繰り返して、杉田敏さんには四半世紀以上お世話になっている。

そしてこれからもお世話になるつもりである。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント