FC2ブログ

記事一覧

Pride and Prejudice

今回は『Pride and Prejudice』を紹介する。

ジェーン・オースティンの代表作と言ってもよい。

18世紀末から19世紀初頭のイギリスを舞台とした恋愛小説。

あえて英語で書いたのは、以下のように日本語訳にバラエティがあるから。

①高慢と偏見
②プライドと偏見
③自負と偏見
④自尊と偏見

①が一番ポピュラーな日本語訳だろう。

④に至っては国立国会図書館のデジタルコレクションでしか見つからない。


さて、DVDでは以下の2つを楽しむことができる。

■『高慢と偏見

BBCで放送されたドラマがDVD化されたもの。

このドラマは大ブームを巻き起こし、ダーシー役のコリン・ファースは欧米でヨン様的な存在になった。

たしかに良いのだが、エリザベス役の女優が渡辺えりに見えてしまうのがちょっと。。。

以下、蛇足。

ブリジット・ジョーンズの日記」はこの『高慢と偏見』の熱狂的なファンが書いたものだ。

映画にはコリン・ファースも出ている。役名もダーシーだ。

どんだけ、オマージュしているのか。。。

私の好きなレニー・ゼルウィガーが主役というのも外せない。


■『プライドと偏見

これはキーラ・ナイトレイが主演する映画。

どちらかというと私はこちらの方が好きだ。

キーラ・ナイトレイが美しい。美しいねぇ。

映像もきれい。

これならレンタルビデオでも借りれるので、まずはこちらから試してみるのはどうだろうか。


ちなみに私は両方ともDVDを購入している。

だって名作なんだもの。




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント