FC2ブログ

記事一覧

薬事・申請における英文メディカル・ライティング入門 I改訂版

薬事・申請における英文メディカル・ライティング入門 I改訂版」を読み終えた。

これまで疑問に思ったことや実際にメディカルコースで質問したことの多くが解説されていた。まったくの素人の場合、聞いてよいレベルの質問なのかと躊躇してしまうようなことも網羅してくれている。改めてみんな似たような疑問を持ったり、誤りをおかしているのだと感じる。

以前も書いたが、やはりある程度メディカル翻訳を学んできたからこそこの本の良さがわかるのだと思う。ド素人だった時は、もっと見た目で分かりやすい本に流れていた。そしてそのような本に堂々と書かれている誤りを判別することもできずに100%信じるしかない状態だった。

以前、図書館で読んだ古い版では、巻末の書籍紹介のところに個人翻訳者用、翻訳会社用と別れてはいるが、価格は数十万円だったと記憶している。間違っていたらスマン。現在は巻末の表記も変わっており、4冊とも6千円弱だ。これを安いとするか、高いとするかは人それぞれだろうが、私自身は他の講習会を受ける場合の交通費、時間、内容を考えても、このシリーズはお得だと思う。

今日から二冊目に突入する。




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント