FC2ブログ

記事一覧

2018年11月15日分

①Minimally Invasive versus Abdominal Radical Hysterectomy for Cervical Cancer  子宮頸癌に対する低侵襲広汎子宮全摘術と開腹広汎子宮全摘術との比較 ②Survival after Minimally Invasive Radical Hysterectomy for Early-Stage Cervical Cancer  早期子宮頸癌に対する低侵襲広汎子宮全摘術後の生存期間 ③Prednisone for the Prevention of Paradoxical Tuberculosis-Associated IRIS  奇異性結核関連免疫再構築症候群...

続きを読む

「当たり前品質」 と 「魅力的品質」

「当たり前品質」 と 「魅力的品質」 。大橋靖雄 先生の講義で引用されていた。そして今日のアジャイル系のセミナーでも出てきた。「当たり前品質」 と 「魅力的品質」 とは、東京理科大学教授であった狩野紀昭 氏によって提唱された狩野モデルの中の考え。当たり前品質要素: それが充足されれば当たり前と受け止められるが、不充足であれば不満を引き起こす品質要素。魅力的品質要素: それが充足されれば満足を与えるが、不充足...

続きを読む

神谷町へ

今日はアジャイル系のセミナー受講のためで神谷町へ。会場に向かう道、NOAビルが現れる。写真ではいまいち伝わらないが、自己主張がハンパない。これカッコよすぎでしょ。お昼は串カツ田中。その後の腹ごなしは東京タワーまで散歩。...

続きを読む

予後因子と予測因子

今日の講義は 「個別化治療時代の臨床研究デザイン-予後因子と予測因子-」。講師は山本精一郎 先生。この先生も特徴的。セイイチロー先生と呼びたい。予後因子と予測因子の違いは。。。■ 予後因子・マーカー因子(+)と(-)のサブグループ間で、治療の有無に関わらず予後が変わる。・統計的には「主効果main effect」という。・新治療をやってない患者の情報がなければわからない。■ 予測因子・マーカー因子(+)と(-)の...

続きを読む

50代前半なのに終活とは。

財前直見さんが終活しているとの話が NHK でながれている。まだ 50代前半なのにと思う。しかし、聞いているうちにその思いも変わってきた。最終的に 1人になる可能性が高い。その時に経済的にも迷惑をかけないようにしたいという。すごくよくわかる。家族であっても過度に依存しないのは大事なこと。私もいろいろと考えなくてはならないことは多い。しかし、日常に 「カタにはめられて」 しまっている。そして明日も同じ日常が続い...

続きを読む

臨床試験における質とは何か?

最近、 ICR臨床研究入門の講座を毎日1~2つ受講している。今日受講したのは 「臨床試験における質とは何か? 」。講師は大橋靖雄 先生。大橋先生はJMCA理事長でもある。8月の第14回メディカルライティング基礎講座でもお世話になった。この講座では臨床研究の裏の話もされており、大変興味深かった。内容がどうだったかという解説はしない。実際に自分で受講するのが一番だから。中で紹介されていた 「N・SAS試験 日本のがん医療...

続きを読む

インフルエンザ予防接種

今日は家族でインフルエンザ予防接種。一昨年だったかインフルエンザと診断されて1週間休んだ。人生初のインフルエンザ診断。病院の裏口から帰された。前半はつらくとも、後半になると体は元気だが出社できないだけの状態。ずっと家で映画を見ていた。思い返すと同じような感じの重い風邪の経験はあった。診断を受けていないからインフルエンザだと分からなかっただけだろう。今は自分がどうのというよりも、人にうつすとまずいと...

続きを読む

2018年11月 8日分

①A Trial of a Triple-Drug Treatment for Lymphatic Filariasis  リンパ系フィラリア症に対する 3 剤治療レジメンの試験 ②Elotuzumab plus Pomalidomide and Dexamethasone for Multiple Myeloma  多発性骨髄腫に対するエロツズマブとポマリドミドおよびデキサメタゾンの併用 ③Energy-Dense versus Routine Enteral Nutrition in the Critically Ill  重症患者に対する高エネルギー経腸栄養とルーチンの経腸栄養との比較 ...

続きを読む

ex vivo、in vivo、in vitro ややこしやー。

ex vivo という言葉が出てきた。in vivo、in vitro などややこしい。以下、ウィキペディアから。-----------------------------in vivoでの実験は各種の条件が人為的にコントロールされている条件という意味で、自然環境の変化を最小限に抑えながら、外部環境内の生物体内または組織上で行われる実験または測定で主に培養組織や培養細胞で観察される現象を指すのに使われ、ex vivo条件は、「自然な」環境を変更することを犠牲にし...

続きを読む

TNM分類とは

TNM分類とは。病期の評価には TNM分類と呼ばれる分類法を使用する。これは、がんの大きさと浸潤 (T因子) :T (tumor)リンパ節転移 (N因子) :N (nodes)遠隔転移 (M因子) :M (metastasis)の3つの因子について評価し、これらを総合的に組み合わせて病期を決定する方法。さらに詳細は以下で。https://ganclass.jp/kind/lung/stage/stage.php...

続きを読む