FC2ブログ

記事一覧

頓用(とんよう)という言葉。

2018年 5月17日分の 1番目に出てくる 「頓用 (とんよう)」 という言葉。今回の原文は 「as-needed use」 。過去のアブストラクトでは 「when needed」 という英語表現もあった。頓用というのは、薬の服用方法 (飲み方) のこと。食前、食後などのように定期的に内服するのではなく、症状に応じて服用することをいう。頓服 (とんぷく) ともいう。昔は 「とんぷく」 というのは、薬のことだと思っていた。子供の頃、体の調子が...

続きを読む

「傾眠」という言葉

2018年 5月17日分の3番目に出てくる「傾眠」という言葉。これに絡めて意識障害の段階について、参考サイトの引用含めてまとめてみた。自分の理解用。1.意識清明 (lucid)意識がはっきりしていて、状況判断や意思疎通が問題なくできる。いわゆる「正常」の状態。 2.傾眠 (somnolence)うとうとと浅く眠っている状態。軽い刺激で意識を取り戻し、呼びかけにも反応するが、そのまましばらく放置しているとまた眠ってしまう。 ~~...

続きを読む

今日は雨だと思っていたが。

今日は雨だと思っていたが、運動会にはよい天気になった。...

続きを読む

2018年 5月17日分

①Inhaled Combined Budesonide–Formoterol as Needed in Mild Asthma  軽症喘息に対する吸入ブデソニド・ホルモテロール配合剤の頓用 ②As-Needed Budesonide–Formoterol versus Maintenance Budesonide in Mild Asthma  軽症喘息に対するブデソニド+ホルモテロール頓用とブデソニド維持療法との比較 ③Effect of Cannabidiol on Drop Seizures in the Lennox–Gastaut Syndrome  レノックス・ガストー症候群の転倒発作に対...

続きを読む

勇者に翼ありて

勇者に翼ありて―アメリカン・フットボールの名QB 猿木 唯資・車椅子の青春関西学院大学(関学)アメフト部のエース、クォーターバックだった猿木 唯資さんの本。猿木さんは、1978年、春のリーグ戦の試合中に事故で頸髄を損傷。以降、車椅子の生活を余儀なくされる。事故と言っても、相手チームの2人からのタックルを受けた結果である。相手は近畿大学。当時、猿木さんはスーパースターだったため、現実を受け入れるのは大変だったと...

続きを読む

『定年前後の「やってはいけない」』という本

病院の待ち時間に『定年前後の「やってはいけない」』という本を読んだ。図書館で借りた本。著者は、郡山 史郎さん。ソニーで取締役も務めた方で、今年で83歳。今も現役で働いている。その時点で、もう一般論にならないような気がする。「働きたいから働く」のと「働かざるを得ないから働く」のでは大きな違いだ。著者は前者だろう。内容については、同意することもあれば、そうでないこともあり。詳細には触れないので、興味が湧...

続きを読む

Ewin ミニ bluetooth キーボード

スマホやタブレットのフリック入力が苦手だ。持ち歩いているタブレットでメモを書くのも面倒になる。過去に「ロジクールの Bluetooth ワイヤレス キーボード」を買ったのだが、815g というのはもう携帯できるレベルではなかった。それ以降、さらに軽量のキーボードを買おうかどうか悩んでいた。だが、昨日 「Ewinのミニ bluetooth キーボード」 を購入した。届いた商品を持ってみると軽い。とても軽い。約 90g。そして小さい。ホン...

続きを読む

特化すること。

今日のがっちりマンデーは、坪月商の高い飲食店を特集していた。その中でローマ軒という店が印象に残った。飲み物はビールしかない。ビールサーバは各席の前に設置してあるため、お客が好きにセルフで飲むことができる。グラスの交換、洗浄、飲み物を作る人は不要になり、コストが抑えられるということ。自分のマーケットを明確にしているからできることなのだろう。これを翻訳で考えるとどうか。私がフリーランスの翻訳者になった...

続きを読む

括弧の階層

2018.5.10の3番目のアブストラクト括弧が3階層になっている。これまで見たことがなかった (気づかなかった) ので書いておく。[原文](1-year rate of recurrence-free survival, 75.4% [95% confidence interval {CI}, 71.3 to 78.9] vs. 61.0% [95% CI, 56.5 to 65.1]; hazard ratio for recurrence or death, 0.57; 98.4% CI, 0.43 to 0.74; P...

続きを読む

前立腺癌の診断 (理解のため)

2018.5.10の最初のアブストラクト。自分の理解のために前立腺癌の診断について調べてみた。~~~~~~~~~~~~~~~~~~~一般的な前立腺癌の診断過程では、多くの場合PSA(前立腺特異抗原)という腫瘍マーカーの上昇を契機に、経直腸超音波ガイド下前立腺生検(TRUS生検)が行われ確定診断される。しかし,系統的生検は標的生検でないことから必ずしも病巣に命中するとは限らない。高悪性度の病巣を見逃したり,反対に低...

続きを読む